コースの特徴

クイーンステークスのコースの特徴

スタート地点は正面スタンド前。ホームストレッチの半ば付近で、最初のコーナーまでの距離は約180m。札幌競馬場の芝コースは高低差が0.6mと小さく、全周にわたりほぼ平坦。また、コース全体が丸みを帯びており、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴がある。よって、1~2コーナー、3~4コーナーはかなり緩やかなカーブ。最後の直線距離はAコース時が266.1m、Bコース時が267.6m、Cコース時が269.1m。芝は洋芝。

1コーナーまでの距離が短いため、最初の1ハロンのペースはやや速い。2ハロン目は当然速く、ペースが落ち着くとしたらその後の向正面の直線。ただ、極端には緩まずに一定のペースで流れることが多い。上がりの競馬にはあまりならない。

【有利な脚質と枠順】
脚質的には逃げ~先行馬が有利。ただし、仮柵がA・B・Cと移動するにつれて逃げ~先行馬の成績は下がり、差し馬が台頭する。開幕週・Aコースの条件下で行われるクイーンSは逃げ馬の天下となっている。枠順は基本的に内がいいが、内で出脚が悪いとへこまされて簡単に位置取りが悪くなるので諸刃の剣。中枠から先行できるタイプが最もリスクが少ない。

【種牡馬成績】
スペシャルウィーク、ダンスインザダーク、フジキセキ、ネオユニヴァース、ステイゴールド、マンハッタンカフェらサンデーサイレンスの系統が強い。キングカメハメハらミスタープロスペクター系はひと息。

【クラス別水準ラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(36.3-37.3-36.2=1.49.8)
3歳以上500万(37.0-37.2-35.6=1.49.8)
3歳以上1000万(36.4-37.2-35.6=1.49.2)
3歳以上準OP・OP特別(─)
3歳以上重賞(36.0-36.5-35.5=1.48.0)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/09/08