セックスフレンド

年齢・容姿関係なし!どんな男性でもセックスフレンドを効率的に作れる方法

完全解説 セックスフレンドの作り方

「セフレを作りたい!」・・・男性であれば少なくとも一度は考えたことがあるはずです。
これまで知り合うことのなかった異性と一夜限りの大人の関係を楽しみたい。
そう思ってもセフレの作り方は恋人作りとは全く違うため、これまで失敗を繰り返してきた方も多いことでしょう。
ここではセフレが欲しい男性のために、究極のセックスフレンド構築方法をご紹介していきます!

【完全解説】セックスフレンドの作り方

この記事は、私が13年以上の歳月をかけて試した、最も効率的なセックスフレンドを作る方法を説明しています。
これまで試してきた4パターンのセフレ作り方のメリットとデメリット、そして私が実際にセフレ作りに活用している方法を伝授していきます。

セフレを作るためにこれまで試した4つの方法

これらの方法を試していく上で、人それぞれが本来持つ性格による得手不得手や、金銭的な面での有利不利が非常に大きく影響することは感じました。
私はどちらかと言えば奥手な性格で、金銭的にもそれほど裕福とは言えない部類の人間だからです。
ただ、「セフレを作りたい」という強い意志だけは人一倍ありましたので、玉砕覚悟で試していきました。

最初に結論を言ってしまうと『出会い系』が最も効率的、かつ成功率の高いセックスフレンドを作る方法になります。
それでは私の体験も踏まえて、これらの方法のメリットとデメリットを解説していきます。

『ナンパ』編

ナンパでセフレが作れるか試してみた

ナンパは今さら説明するまでもなく古くからある異性と知り合うための定番の手法です。
繁華街で自分の好みの異性に声をかければ良いだけなので、成功するまでは食事代やホテル代の心配も必要がないため、基本的に金銭面で困ることはありません。
異性に対してガンガン声をかけられる性格であればあるほど成功率は高められます。
サッカーのワールドカップや、ハロウィンなどのイベントで盛り上がっているタイミングで異性に声をかければ、その場の雰囲気とノリだけですべてが上手く回ることもあります。

ナンパのメリット

  • 好みの異性をその場で選べる。
  • 必要なのは気力と体力だけでお金がかからない。

ただ・・・、気の小さい人にとってナンパという行為は非常にキツイ作業です。
「石の上にも三年」というように、長期間続けていればこの作業に慣れていくことも出来ますが、慣れるまでは異性に第一声をかけられても、次に続く言葉がなかなか見つけられません。
マシンガンのように次から次に言葉が出てくるようになれば異性の興味を引ける可能性もありますが、大抵の人はそうなるまでに心が折れます。
また、女性に声をかけて無視されるだけなら良いのですが、罵声を浴びせられたり、強面の彼氏付きの女性にうっかり声をかけてしまいすごく怖い思いをしたりと、苦労や悲劇の連続でロクな思いをしたことがありません。

ナンパのデメリット

  • 精神的にキツイ。
  • 想像以上に拘束時間が長い。
  • トラブルに巻き込まれることがある。
  • 自分がイケメン(または美女)でない限り、成功する可能性は低い。
コンドー
心臓に毛が生えてないと心がへし折れる無謀な行為

よく街中でイケメンのホストがしきりに女性に声をかけている姿を見かけますが、以前は彼らを見て心の中で「バカなんじゃねーの?よく恥ずかしげもなく声かけられるな」なんて思ってましたが、それすら出来ない私はもっとバカなんだろうな・・・と落ち込んだりもしました。
ホストの皆さんすげーよ、ホント。

ナンパを試した結果

喫茶店でお茶デート 5人
居酒屋(バー)デート 2人
セフレに発展 0人

・・・と散々な結果でした。
最初に比べれば後半は慣れてきて成功率も上がってきた感触はありましたが、個人的に私はナンパ向きの性格的ではないなと感じました。
うまく言えないですが、ナンパしていても楽しくないのです。
イケメンのホストですら失敗の連続なのに、どうして平凡な容姿の私がイケると思ったのか?
メリットよりもデメリットの方が遥かに多く、無駄な時間を費やした印象が強いです。
でもこの失敗のおかげで、以前よりはポジティブな性格になれた気もするので、いい経験になったと思うようにしています。
客観的に見てイケメンな方や美女の方ならスタートの時点でナンパの成功率も高いのでチャレンジする価値はあるかもしれません。
しかし、失敗した時の落ち込みはハンパなく、「セフレ」を作る目的としては非常に効率の悪い方法なのであまりオススメは出来ないです。

『キャバクラ』編

キャバクラでセフレが作れるか試してみた

職場の上司などに連れられて初めてキャバクラを経験した人も多いのではないでしょうか?
キャバクラはキャバ嬢と呼ばれる女性とお酒やお話を楽しむ場所ですが、私も最初は上司に連れられてキャバクラに行ったクチです。
ギャルっぽい女の子もいれば、30~40代前後の熟女のみのお店など、店舗によってはキャバ嬢の年齢層でお店の特色を出しているところも多いです。
キャバクラに行くまでは「お金を出してまで女の子と話したいもんかね~?」と思っていましたが、キャバ嬢の会話でお客をもてなすお仕事をされているだけあって、どんな話も嫌な顔せず聞いてくれていい気分にしてくれます。
世間一般では「腐女子」と呼ばれるような女の子も今のキャバクラには在籍していたりするので、こちらがすごくディープなアニメの話をしても会話が成立するので、正直言ってメイド喫茶に行けるオタクな男性ならメイド喫茶以上に楽しめる場所なのではないかとも思っています。

キャバクラのメリット

  • 店舗の特色を知れば好みの女性と会える。
  • 仮想恋愛は楽しめる。

また店外デートも簡単に誘えますが、いわゆる『同伴出勤』と呼ばれるものでしかなく、最終的にはお店に連れ込まれるだけの『金づる』として扱われていることに気づくことになります。
キャバ嬢から恋愛関係の話を聞くと、不倫をしている女の子もいれば、お客と寝ているといった話も聞くこともありましたが、基本的にお店がそういった行為を禁止しているケースも多く、一般的なキャバ嬢はその容姿・雰囲気から感じる印象よりも身持ちの固い女性が多いようです。

キャバクラのデメリット

  • とにかくお金がかかる。
  • キャバ嬢からの営業メールが頻繁に届く。
  • トラブルに巻き込まれることがある。
  • 自分がイケメン(または美女)でない限り、成功する可能性は低い。

もちろん私は「セフレ」を作ることを目的としていますので、長期戦に持ち込めば彼女たちの心も揺らぐはずと2年ほど頑張って通い、口説き続けました(と言っても金銭的にキツイので月1ペースくらいです)。
しかし、時間をかけても『金づる』という立ち位置から脱却することはありませんでした。

コンドー
せこせこ貯めた貯蓄を短期間で喰らい尽くす悪魔の巣

今となっては短期間の間、頻繁にお店に行って“お金を持ってる雰囲気”を出して口説き落とすという短期戦の方がが良かったのか?とも思うのですが、どちらにしても恐ろしい勢いで貯蓄が失われていくことには変わりはなかったと思います。
かくいう私の上司なんかは、「絶対あの子をものにする!」と息巻いて、約半年間のうちに1000万円以上をお気に入りのキャバ嬢に注ぎ込みましたが、毎回アフターでキャバ嬢に連れられて行っていたお店がそのキャバ嬢の彼氏が経営するお店だったという、なんとも悲しい結末で終わってしまいました。
可愛い顔してやることはえげつないなぁ~と、他人事ながら上司に同情しました。

キャバクラを試した結果

店外デート 7人
アフターで食事 5人
セフレに発展 0人

・・・結果も散々ですが、それよりも金銭面でのダメージの方が大きいです。
私の場合は、幸いボッタクリ店に当たることはなかったのですが、そういった悪質なお店も存在するので事前の店舗チェックや情報収集などは必要かと思います。
酔った女の子をアフターでホテルに連れ込むことも出来そうな雰囲気はありますが、お店側のガードも固いので、そんなラッキーエッチは期待しないほうが無難でしょう。
女の子とワイワイキャッキャと楽しくお酒を飲むことは楽しかったのですが、セフレ作りの場としては不向きと判断し、以降、私はキャバクラ通いはやめました。
キャバクラよりも安価に通えるガールズバーも数回試しましたが、カウンターテーブルを挟んで女の子と会話を楽しむスタイルでは距離感がありすぎて親密な関係自体に発展する可能性はほぼゼロでしょう。
気に入った女の子とお話できるだけで満足という仏のような方以外はオススメできないです。

『風俗』編

風俗でセフレが作れるか試してみた

なかなかセフレが作れず、ムラムラが溜まりまくった私はひとまず風俗で一発抜いて気持ちを落ち着けようと考えました。
今は風俗といえば様々な形体がありますが、『ソープ』と『デリヘル』を主に利用しました。
最初からエッチ目的で女性と会えるので、そこから上手く展開させれば「セフレ」も作れるのでは!?と思いました。
『デリヘル』の場合は、基本的に“ヌキ”までですが、女の子によってはセックスさせてくれる場合もあります。

風俗のメリット

  • お金さえ払えばエッチできる。
  • オプションを付ければ自分のしたいプレイが楽しめる。

こういった風俗は店舗やお店のサイトなど事前に女の子の写真をチェック出来るのですが、美人に見えるように女の子の写真を弄ったいわゆる『パネマジ(パネルマジックの略)』と呼ばれるものがほとんどです。
ワクワクして女の子を待っていると、とんでもないモンスターと遭遇することも少なくありません。
また、私の経験では写真には写っていなかった背中に狛犬や龍などの入れ墨がびっちり彫られた「普段はヤクザの愛人をやってる」という女性が来たこともありました。
さすがにこの時は、「この女はセフレにしちゃダメな子だ・・・」と思いました(エッチはすごく上手かったです)。

風俗のデメリット

  • キャバクラ同様にお金がかかる。
  • 『セックス』=『金』という思考の女性しかいない。
  • セックスを仕事にしてるのでセフレを必要としている女性がいない。
  • 仲良くなっても女の子がお店をやめた時点で連絡を絶たれる。
コンドー
エッチは出来るがそれ以上の展開は望めない虚無の世界

簡単に女の子とエッチはできるのですが、キャバクラ同様にお金がどんどん懐から消えていくので資金面の問題に突き当たります。
そして、エッチですっきりしてしまうと「セフレを作る」という本来の目的そのものが薄れてしまう点も問題ありと感じました。
お金を払えばエッチできる風俗は男性にとってありがたい存在ですが、“違う違う、そうじゃ、そうじゃない♪”と鈴木雅之ばりに歌ってしまうくらいセフレ作りには不向きな場所だと感じました。

風俗を試した結果

ホテルでエッチ 167人
自宅でエッチ 86人
セフレに発展 0人

キャバクラも風俗もどちらもですが、お金が絡むお仕事をしている女性を相手に「セフレ」に発展させることは相当困難です。
色々な事情でこういったお仕事をされているのだと思うのですが、所詮はお客のことを『お金』にしか見ていないことが大きな要因だと思われます。
最初からお金が絡んだ関係にそれ以上の発展を求めるのは無理だと実感しました。

『出会い系』編

出会い系でセフレが作れるか試してみた

これまでナンパ、キャバクラ、風俗と連敗続きの私でしたが、以前働いていた職場の年配の同僚S氏(男)と久々に飲むことになり、それを機に大きく変化していくことになります。
S氏は某大手SNS運営会社に勤めており、そのSNSを使って未成年と会おうとする成人男性などの利用を抑止する不正利用パトロールなどを主に担う部署で働いていました。
当然そういう内容の業務をしていたため、男性がどういったメールをすれば女性が興味を示すのか、どうすれば異性と会うに至るのかといった、リアルな男女のメッセージのやりとりをS氏は日頃から目にするようになり、自然と女性と仲良くなるためのコツを覚えてしまうようになったそうです。
そのスキルを使ってS氏は様々な出会い系サイトで、頻繁に女性と会ってはセックスを楽しむようになったというのです。

「ツイてる日は3人くらいと時間差で会ってヤッてるよ(笑)」

私はこの当時『出会い系』と呼ばれるサイトや掲示板も当然の如く利用していたのですが、実際に会ったり顔も見たことのない人とどうやって仲良くなれば良いのかも分からず、今ひとつ使い方そのものがピンと来ないというか、使いあぐねていると言った状況でした。
S氏はそれほどイケメンな部類の見た目ではなく、相撲取りのようなデブったお腹(運動も苦手でこれまでもデスクワーク的な事務職ばかり選んでいるような人でした)をしています。
しかも、私より7つも年上の47歳・・・、そんな彼が私よりも後に始めた出会い系サイトを使いこなし、あろうことかセックス三昧の日々を謳歌しているのです。

S氏いわく、「顔で男を選ぶ女もいるけど、大抵の女は男のルックスは重視してない」とのこと。

これまでナンパ、キャバクラ、風俗と失敗続きだった私にとって彼の言葉はにわかには信じられませんでした。
しかし、彼の話を聞いていくうちに“なるほど”と納得できる理由がわかってきました。

「顔で男を選ぶ女もいるけど、大抵の女は男のルックスは重視してない」

この時、彼と話した内容をもとにこの言葉をもっと正確に表現すると・・・。

・直接会って話すよりも、メールの方が読み返せるので相手の印象に残りやすい。
・メールの方がより効果のある言葉を選んで返す時間的な余裕が持てる。
・自分にとって嬉しいと感じる内容のメールを読むことで相手の容姿をあまり重視しなくなる(好きになる)。

確かに彼の言う通り、私も女性からメールをもらった時に何度も読み返しているうちに好きになってしまったこともありましたし、マシンガンのように言葉を連発するナンパと違い、メールならじっくりと相手の喜びそうな言葉を選ぶ時間も持てるなと思いました。
また、相手の顔色を窺って普段とは違う不自然な自分を見られるよりも、メールでのやりとりの方がだいぶ精神的に楽なのかもしれないとも思いました。

出会い系のメリット

  • 精神的にも楽で、金銭的にも比較的安価に済ませられるので続けやすい。
  • 出会いを求めている人が利用しているのでセフレ交際にも発展しやすい。
  • プロフィールをきちんと設定しておけば、異性の方から連絡してもらえる場合もある。
  • セフレ交際を希望している異性であれば目的も合致しているので話が早い。
  • 自分の目的や嗜好にあったサイトが数多く存在している。
  • パソコン、スマホ、ガラケーなどの端末があれば、いつでもどこでも利用できる。
コンドー
精神的にも金銭的にも一番楽!コツを掴めばセフレ無双!

まず第一に手軽に利用できること、そしてナンパのように路上で無駄な時間を費やす必要もなく、精神的にも楽。
そして、キャバクラや風俗に通い詰める費用と比べてみても『出会い系』は大幅にコストパフォーマンスが良いです。
普段の生活で女性から逆ナンされることなんて奇跡でも起きないかぎりあり得ませんが、出会い系サイトでは女性から声をかけてもらえることもザラにあります。
とにかく精神面・金銭面で楽になれることと、これまで試した手法のなかで最もセフレ作りに一番近い場所であることを実感できます。

出会い系のデメリット

  • 一部機能によっては使用料が発生する。
  • 風俗の『パネマジ』レベルの写真加工や詐欺メイクを駆使してくるモンスター女も稀にいる。
  • 風俗よりも性病持ちと遭遇する可能性が高い。
  • サクラと呼ばれるものや、ただの冷やかしで利用するのユーザーも存在する。

セフレ作りにおいて良いこと尽くめの『出会い系』ですが、上記のようなデメリットもあります。
ですが、これらのデメリットの多くは私がS氏から教わった手法で大部分を回避可能になります。
(※その手法については少しずつ公開していきます)

出会い系を試した結果

喫茶店でお茶デート 17人
居酒屋デート 7人
ホテルでエッチ 136人
セフレに発展 27人

『出会い系』と言うと使用料金を気にする方も多いのですが、これまで私が費やしてきたキャバクラや風俗に比べれば本当に些細なものです。
例えば、無料で使える『Twitter』などのSNSも試したことがありますが、セフレが作れるか?と言えば、かなりハードルが高くなります。
まず無料で使える時点で悪徳業者が介入してくるからです。
悪徳業者もお金をかけずに一般ユーザーを悪質なサイトへ引き込めるので、これらの大手無料SNSを利用しているわけです。
そのため大量のサクラ(女性アカウント)が存在し、素人目でこれらのアカウントの中からリアル女性を見つけることは困難です。
私の知るかぎりTwitterはこういった悪質業者をほぼ野放し状態にしているため、セフレ探しには不向きかつ非常に危険な場所であると認識しています。
その点、少なからず利用料が発生する出会い系の方が、こういった悪質業者も費用がかかるため利用を避けるので安心感があります。

しかし、初めて『出会い系』を利用される方の場合、どこのサイトを使えば「セフレ」が作りやすいのか分からず悩んでしまうと思います。
そこで私が現在も愛用しているオススメの出会い系サイトをご紹介したいと思います。

セフレ作りに特化した出会い系サイト

初心者でも会える操作が簡単な出会い系サイトや、男女ともに利用者の多い老舗の出会い系サイトを中心に今回は紹介していきます。

まずは、近所で探すセックスパートナー『セフレ募集掲示板』という出会い系サイト!

近所で探すセックスパートナー『セフレ募集掲示板』

出会い系サイト「近所で探すセフレ募集掲示板」

出会い系サイト「近所で探すセフレ募集掲示板」

「近所で探すセフレ募集掲示板」の特徴

幅広い年齢層のユーザーが利用している、ご近所で会える異性がすぐに見つかるセフレ募集向けの出会い掲示板です。

「近所で探すセフレ募集掲示板」基本情報
サービス開始年 2009年
年齢層 20~60代
登録料 無料
料金体系 ポイント制
出会うまでの料金目安 2,000~5,000円前後
基本機能
  • メール送受信(画像添付機能有り)
  • プロフィール閲覧・変更
  • 写真閲覧・変更

「近所で探すセフレ募集掲示板」に向いている人

  • ご近所で即会い・即エッチできる相手を見つけたい人
  • 自分好みのプレイを楽しめるセックスフレンドを見つけたい人
  • 相手の年齢や体型、身長なども検索できるサイトを利用したい人

ここは私がまだガラケーを使っていた頃からある出会い系サイトで、いつ使っても男性・女性ともに活発に動いている感があり、すぐに出会いに発展するケースが多いのでかなりオススメのサイトです。

次にご紹介するのは、オフパコ募集掲示板『セフレシンドローム』という出会い系サイトです。

オフパコ募集掲示板『セフレシンドローム』

オフパコ募集掲示板「セフレシンドローム」

オフパコ募集掲示板「セフレシンドローム」

「セフレシンドローム」の特徴

ストレスなくスピーディーにセフレが探せるオフパコ募集掲示板です。

「セフレシンドローム」基本情報
サービス開始年 2016年
年齢層 20~30代
登録料 無料
料金体系 ポイント制
出会うまでの料金目安 3,000~5,000円前後
基本機能
  • メール送受信(画像添付機能有り)
  • プロフィール閲覧・変更
  • 写真閲覧・変更
  • 電番・メルアド交換機能

「セフレシンドローム」に向いている人

  • 地域、容姿・体型などから好みの異性を見つけたい人
  • 既婚・未婚問わずセフレを作りたい人
  • セックス目的で利用している異性とすぐに会いたい人

このサイトは割と最近見つけて試しに使ったサイトなんですが、他のサイトより年齢層が若くてノリの軽い女の子が多いので、その場の勢いで女の子と即会いに発展しやすいサイトです。
最近はネットで知り合った人とエッチすることを「オフパコ」って言うのかぁ~と、若干ジェネレーションギャップも感じてしまう私ですが、利用開始から1週間で2人の女の子とオフパコ(笑)できたので紹介せずにはいられませんでした。

さて次は、『出会いプレステージ』という出会い系サイトになります。

出会いプレステージ

出会い系サイト「出会いプレステージ」

出会い系サイト「出会いプレステージ」

「出会いプレステージ」の特徴

即アポ率が高い!簡単に好みのセフレが検索できる出会いサイトです。

「出会いプレステージ」基本情報
サービス開始年 2008年
年齢層 20~30代
登録料 無料
料金体系 ポイント制
出会うまでの料金目安 2,000~6,000円前後
基本機能
  • メール送受信(画像添付機能有り)
  • プロフィール閲覧・変更
  • 写真閲覧・変更

「出会いプレステージ」に向いている人

  • 自分の目的やプレイにマッチしたセックスフレンドを見つけたい人
  • プロフィールを充実させる代わりにメールのやりとりを軽減させたい人
  • 掲示板を使ってすぐ会えるセフレ希望者を積極的に募集できる人

こちらもだいぶ昔から運営が続いている出会い系サイトで、セフレ作りに特化したサイトになります。
登録後は最寄りの地域でセフレを募集している異性が探せるようになるので、セフレ作りにもってこいの出会い系サイトで私も長年お世話になっていて、優秀かつ穴場と感じる出会い系サイトです。

この他にも私がセフレ作りに使った出会い系サイトはたくさんあるので、セフレが作れた実績のあるサイトを今後も少しずつ紹介していきたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
コンドー

コンドー

出会い系歴13年以上。ガラケー時代から出会い系にハマり、2017年に出会い系サイトで出会った女性とエッチした回数が3桁を超える。「出会い系アプリよりも出会い系サイトの方がヤれるんだよなぁ~」が最近の口癖。 このサイトでは出会い系初心者でも会える出会い系や異性の心をグッと掴むコツなどをお伝えしています。基本的に男性視点で書いた記事になりますが、女性の方でも活用できる内容になるように努めていきます。

-セックスフレンド

Copyright© 出会い系ライフハッカーズ , 2020 All Rights Reserved.